メニュー

水戸市の桜名所・花見・桜まつり案内


水戸市の桜の名所・花見スポット一覧

印刷

桜・花見スポット15件

画像をクリックすると、桜の場所の説明案内が表示されます。

水戸市の桜スポットVR動画一覧

水戸市の桜・花見名所のVR動画1件

水戸市の桜・花見スポットVRツアーマップ

水戸市おすすめ桜VRツアーマップは、水戸市内のすべてのおすすめ桜・花見VRシーンの登録位置を確認できる地図です。以下の地図上の青(空中)黄(地上)のポイントをクリックするとVRシーンポイントの名称が表示されます。
そのシーン表示をクリックするとその場所のVRシーンをご覧いただけます。

上記の地図は、地図範囲移動地点WEB表示システムが採用されており、地図の中心地点を茨城県内の他の市町村に移動するとその地点の市町村観光案内ページに移動できます。


偕楽園桜山公園の桜・水戸の桜まつり:水戸市花見名所

印刷
水戸市の桜山公園の桜開花景観写真とVRツアーリンク
(1)偕楽園拡張部 桜山公園の花見の名所案内
茨城県護国神社の裏手・偕楽園拡張部にある桜山公園は、約370本のソメイヨシノ、里桜、ぼたん桜の咲く花見の名所です。水戸の桜まつりの会場の一つです。
開花時期:3月末~4月上旬(水戸の桜まつり)
所在地〒310-0912 茨城県水戸市見川1丁目
(2)桜山公園のVRツアー案内
桜山公園は地上3件の360°パノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは茨城県護国神社や偕楽園と連動しています。

偕楽園桜山の地図


偕楽園の桜・水戸の桜まつり:水戸市花見名所

印刷
偕楽園に都錦・八重桜の開花景観写真とVRツアーリンク
(1)偕楽園の桜・花見の名所案内
梅の花が少し残るころ、偕楽園本園内の見晴広場には様々な桜が咲きます。春と秋に花を咲かせる二季咲桜(にきざきさくら)の古木、都桜・八重桜の古木、山桜の古木等の桜をご覧いただけます。なお、天然記念物の右近の桜は、残念ながら令和元年(2019年)9月の台風により倒れてなくなっています。写真をクリックすると都錦の八重桜、その脇に二季咲桜をご覧いただけます。
開花時期:3月末~4月上旬(水戸の桜まつり)
所在地〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1丁目3 本園 偕楽園
連絡先偕楽園:029-244-5454
(2)偕楽園の桜VRツアー案内
偕楽園桜シーンの地上7件360°パノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは周辺の偕楽園、茨城県護国神社、偕楽園拡張部等と連動しています。

見晴広場南西側斜面の山桜と千波湖景観

偕楽園見晴し広場の南西側の山桜景観写真とVRツアーリンク

偕楽園の見晴し広場の南西側から千波湖を眺めることができます。その斜面には山桜の古木があります。


偕楽園本園・見晴広場の付近地図


千波湖の桜並木・水戸のさくらまつり:水戸市花見名所

印刷
千波湖D51付近の開花景観写真とVRツアーリンク
(1)千波湖の桜・花見の名所案内
偕楽園に隣接する湖・千波湖は、水戸の桜まつりの会場の一つとなっています。1周3kmの遊歩道はソメイヨシノなど約30種・750本の桜が植えられており、散歩しながら花見ができます。また、貸しボートで水上から花見を楽しむ事も可能です。開花時期:3月末~4月上旬(水戸の桜まつり)
所在地〒310-0851茨城県水戸市千波町3080(千波公園)
(2)千波湖のVRツアー案内
千波湖の桜VRツアーは、現在、準備中です。

千波湖の湖畔西側付近の桜の景観

水戸市千波湖西側付近の桜開花の景観写真

千波湖の湖畔西側付近の景観です。写真、右側中央が偕楽園の好文亭付近です。桜祭り期間中は、たくさんの観光客でいっぱいです。

この場所の桜VRツアーは、現在準備中です。写真をクリックすると冬の千波湖の白鳥のVRツアーをご覧いただけます。


千波湖の付近の地図


弘道館の山桜・左近の桜

印刷
弘道館の左近の桜の説明板・開花景観写真とVRツアーリンク
(1)弘道館 左近の桜・山桜案内
水戸市にある弘道館正庁前の左近の桜は、皇族宮家出身の登美宮吉子夫人が水戸藩9代藩主徳川斉昭公に嫁入りした際、結婚祝いとして仁考天皇より贈られたヤマザクラの記念樹です。現在の左近の桜は3代目となります。初代は江戸の水戸藩上屋敷小石川藩邸に植えられ、2代目は天保12年(1841年)弘道館創設にあたり正庁前に移植されましたが、後に枯れてしまいました。そして昭和38年(1963年)戦後の復旧改修工事完了を記念して、宮内庁より茨城県に京都御所の左近の桜子孫樹の苗木3本が贈られ、弘道館と偕楽園に植えられました。
開花時期:3月中旬~4月上旬
所在地〒310-0011 茨城県水戸市三の丸1丁目6-29
連絡先茨城県水戸土木事務所 偕楽園公園課 弘道館事務所:029-231-4725
(2)弘道館 左近の桜VRツアー案内
弘道館桜シーンの地上3件パノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは周辺の弘道館、弘道館公園、弘道館鹿島神社等と連動しています。

南側からの左近の山桜

左近の桜の開花景観写真とVRツアー

正庁南側から見た左近の山桜の景観です。なお、弘道館には、山桜の巨木が3本あり、正庁東側正庁北側にも見事な山桜があります。


弘道館正庁の付近の地図


茨城県護国神社の桜

印刷
茨城県護国神社の桜ノ宮と参道の桜開花景観写真とVRツアーリンク
(1)茨城県護国神社の桜・花見案内
水戸市の観光地・偕楽園の隣にある茨城県護国神社には多数の桜が植えられています。木花開耶姫(コノハナノサクヤヒメ)を祀る境内社・桜ノ宮の御神木は「ねがい桜」と呼ばれています。
開花時期:4月上旬
所在地〒310-0912 茨城県水戸市見川1丁目2-1
(2)茨城県護国神社のVRツアー案内
入口鳥居からねがい桜までの地上4シーンのパノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは、神社裏手の桜山公園や偕楽園の空撮と連動しています。

茨城県護国神社の付近地図


常陸第三宮吉田神社の桜

印刷
吉田神社の鳥居と桜の開花の景観写真とVRツアーリンク
(1)常陸第三宮 吉田神社の桜案内
境内が茨城百景「吉田神社の見晴台」となっている吉田神社は、しだれ桜、ソメイヨシノ、山桜、牡丹桜が植えられた花見おすすめスポットです。吉田神社は、常陸国三ノ宮(延期式内社:名神大)の由緒ある神社で神社もおすすめ観光スポットです。
開花時期:3月下旬~4月上旬頃
所在地〒310-0834 茨城県水戸市宮内町3193-2
(2)吉田神社のVRツアー案内
一の鳥居付近のソメイヨシノをパノラマ写真VRでご覧いただけます。撮影時はソメイヨシノの時期でした為、しだれ桜・山桜・牡丹桜は咲いていませんでした。

常陸第三宮吉田神社の地図


常磐神社の桜

印刷
水戸市偕楽園の常磐神社の桜開花景観写真とVRツアーリンク
(1)常磐神社の桜・花見案内
常磐神社は徳川光圀公と斉昭公をご祭神とする神社です。境内にあるソメイヨシノは大正10年(1921年)頃の植栽とされ、樹齢100年を越える県内有数の古木です。奉納された室田義文(むろたよしあや)は水戸出身の貴族院議員で、「櫻樹六百本」と彫られた記念石碑が建っています。
開花時期:3月下旬~4月上旬
所在地〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1丁目3-1
連絡先TEL:029-221-0748
(2)常磐神社の桜VRツアー案内
地上3件のパノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは常磐神社の他シーンと連動しています。

東側鳥居付近(入口)を見た桜開花景観

常盤神社の西側から東鳥居付近を眺めた桜開花景観写真とVRツアーリンク

常盤神社の境内の西側から東鳥居付近(東側)を眺めた桜の景観です。


常磐神社の付近マップ


大串貝塚ふれあい公園の桜並木

印刷
大串貝塚ふれあい公園の入口付近のソメイヨシノ古木の開花景観写真とVRツアーリンク
(1)大串貝塚ふれあい公園の花見スポット案内
大串貝塚ふれあい公園は、約60本のソメイヨシノが咲く花見の名所です。大串貝塚は、奈良時代の常陸国風土記にも記載されており国指定史跡です。公園内の高さ15メートルの巨人像の「ダイダラボウ」もおすすめ観光スポットです。
開花時期:4月上旬頃
所在地〒311-1114 茨城県水戸市塩崎町1064-1
(2)大串貝塚ふれあい公園のVRツアー案内
だいだらぼう裏側・常陸国風土記那賀郡碑前をはじめとして、地上8件の360°パノラマ写真をVRでご覧いただけます。

ダイダラボウ付近の桜景観

水戸市桜・花見名所の大串貝塚ふれあい公園案内VRツアー

ダイダラボウ東側の遊歩道の桜の景観です。公園内の通路には、ソメイヨシノの古木が並木状に多数あります。


大串貝塚ふれあい公園の地図


六地蔵寺 光圀公縁のしだれ桜

印刷
水戸市六地蔵寺のしだれ桜の開花景観写真とVRツアー
(1)六地蔵寺 光圀公縁のしだれ桜案内
水戸市の六地蔵寺は大同2年(807年)創建の古刹で、光圀公縁のしだれ桜がある桜の名所です。樹齢200年、光圀公が観賞したしだれ桜の子孫といわれています。別途、境内には枝垂れ桜やソメイヨシノの古木が複数あります。
開花時期:3月下旬~4月初旬頃
所在地〒311-1135 茨城県水戸市六反田町767
(2)六地蔵寺の桜VRツアー案内
光圀公縁のしだれ桜をはじめとして、地上4件の360°パノラマ写真をVRでご覧いただけます。

地蔵堂正面のソメイヨシノの古木

水戸市の六地蔵寺のソメイヨシノ古木の開花景観写真とVRツアーリンク

境内の地蔵堂の正面には、ソメイヨシノの古木があります。


六地蔵寺の付近地図


水戸八幡宮の山桜(右近の桜・左近の桜)

印刷
水戸市桜・花見スポットの水戸八幡宮案内VRツアー
(1)水戸八幡宮の桜の花見スポット案内
水戸八幡宮(白旗山八幡宮)は、水戸市八幡町にある常陸國水府総鎮守の神社です。茨城百景、茨城観光百選、水戸百景などに選定されている水戸市のおすすめ観光スポットです。
社殿の左右には、徳川斉昭公お手植えの伝承があるヤマザクラ「右近の桜、左近の桜」が咲き誇ります。また、一の鳥居や参道に桜の古木があります。
開花時期:3月末~4月上旬
所在地〒310-0065 茨城県水戸市八幡町8
(2)水戸八幡宮のVRツアー案内
水戸八幡宮のVRツアー撮影時は、新緑の時期の撮影で桜の時期を外れています。桜の時期のVRツアーは、現在準備中です。

水戸八幡宮左近の桜

水戸八幡宮左近の桜

水戸八幡宮に咲く、左近の桜です。左近の桜の古木の枝は、現在、無く根廻りの幹が残っているだけで、そこから新枝が伸び花を咲かせています。


右近・左近の由来について

右近と左近は、来社側からの見た呼名ではありません。
右近、左近は、平安京における左近衛府と右近衛府の略称で、紫宸殿(平安京の内裏の正殿・天皇の重要な儀式を行う場所)から見て,左近は東方に、右近は西方に陣を敷いていたことに由来します。神社においては、参拝者側からではなく、神を祭る本殿側から見て左側(東側)が左近で、右側(西側)が右近となります。


水戸八幡宮の付近地図


水戸市森林公園 さくらの丘の桜

印刷
水戸市森林公園・さくらの丘の桜開花景観空撮写真とVRツアーリンク
(1)水戸市森林公園 さくらの丘の桜・花見スポット案内
水戸市森林公園の前沢・金山地区にあるさくらの丘は、名前のとおり桜に囲まれたおすすめ花見スポットです。大駐車場と水戸デジタルテレビ送信所の周りに、河津桜、ソメイヨシノ、ヤマザクラが美しく咲き誇ります。
開花時期:3月下旬~4月上旬
所在地〒311-4161 茨城県水戸市全隈町
連絡先森林公園管理事務所:029-252-7500
(2)水戸市森林公園 さくらの丘の桜VRツアー案内
空撮130mをはじめとして、地上2件のパノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは森林公園の他シーンと連動しています。

森林公園さくらの丘南側の景観

水戸市森林公園・さくらの丘南側の桜開花景観写真とVRツアーリンク

森林公園さくらの丘の南側の桜の景観です。


水戸市森林公園 さくらの丘の地図


水戸市森林公園 こどもの谷広場付近の桜

印刷
水戸市森林公園こどもの谷広場の桜開花景観写真とVRツアーリンク
(1)水戸市森林公園 こどもの谷広場付近の花見スポット案内
水戸市森林公園のこどもの谷広場の駐車場付近は桜並木になっており、おすすめ花見スポットです。奥に入ると子供が喜ぶ滑り台やアスレチック遊具等があり、秋の紅葉も綺麗なおすすめ季節観光スポットです。
開花時期:3月下旬~4月上旬
所在地〒311-4161 茨城県水戸市全隈町
連絡先森林公園管理事務所:029-252-7500
(2)水戸市森林公園 こどもの谷広場付近の桜VRツアー案内
地上2件のパノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは森林公園の他シーンと連動しています。

こどもの谷広場の付近地図


水戸市森林公園 自然環境活用センターの桜

印刷
水戸市森林公園・自然環境活用センターの桜開花景観写真とVRツアーリンク
(1)水戸市森林公園 自然環境活用センターの花見案内
水戸市森林公園にある自然環境活用センターは桜に囲まれた花見おすすめスポットです。センターの広場中央から創造の森の入口付近まで、多くの桜が楽しめます。
開花時期:3月下旬~4月上旬
所在地〒311-4161 茨城県水戸市全隈町1416-1
連絡先森林公園管理事務所:029-252-7500
(2)水戸市森林公園 自然環境活用センターの桜VRツアー案内
地上6件の360°パノラマ写真をVRでご覧いただけます。このVRツアーは森林公園の他シーンと連動しています。

自然環境活用センターの地図


くれふしの里古墳公園の桜

印刷
水戸市のくれふしの里の埴輪展望台の桜開花景観写真とVRツアーリンク
(1)くれふしの里古墳公園の花見スポット案内
くれふしの里古墳公園には古墳の周りに桜があり、春にはソメイヨシノが咲き誇ります。高さ17.3メートルのはに丸タワーに登ると桜を見渡せます。
開花時期:3月末~4月上旬
所在地〒319-0311 茨城県水戸市牛伏町201番地2
連絡先水戸市埋蔵文化財センター:029-269-5090
(2)くれふしの里古墳公園のVRツアー案内
くれふしの里古墳公園は地上3件のパノラマ写真をVRでご覧いただけます。

くれふしの里古墳公園の展望台付近の桜開花景観

くれふしの里古墳公園の展望台付近の桜の景観

くれふしの里古墳公園の展望台側から西側の桜並木の開花景観です。無数の桜が咲き誇り見事です。


くれふしの里付近のマップ


渡満道路と桜並木

印刷
渡満道路と桜並木の説明板写真とVRツアーリンク

戦時中の1938年(昭和13年)、茨城県内原に満蒙開拓青少年義勇軍訓練所(内原訓練所)が開設されました。
満蒙開拓青少年義勇軍は、満州(現・中国東北部)の開拓と警備を未成年者に担わせるため創設された制度で、小学校を卒業し、数え年16歳から19歳までの身体強健なる男子で組織されました。応募方式でしたが実際には、小学校の先生等が勧めたようです。 全国から、集まった未成年者を3か月の学習、武道や体育、農作業の基礎訓練を行ったのが満蒙開拓青少年義勇軍訓練所です。 1938年(昭和13年)から1945年(昭和20年)の敗戦までの8年間に8万6,000人程の青少年がこの内原訓練所から満州に送り出されました。 【説明板から】 当時この一帯は松林で覆われていて道は狭く、訓練所入口近くにも道も無く入所した義勇軍訓練生が訓練所から内原駅迄の1.7キロメートルを整備し記念に桜の苗木を植えたとのことです。 桜花は日本人の心の花であり、義勇軍の門章や帽章も桜の花を象ったものでした。 「今でもここに残る桜は、この時に植えたもので、訓練所は無くなってもめぐりくる春ごとに美しい花を咲かせています。」 と記載されています。 内原で二・三ケ月の訓練を終えた義勇軍の若者は、訓練所で盛大に行われた渡満壮行式のあと、真新しい服にリュックを背負ってラッパ鼓隊の先導で内原駅に向かったそうです。このことから、この道は渡満道路と呼ばれるようになりました。 渡満道路の桜並木には、現在でも約100本の染井吉野があります。 昭和16年(1941年)に訓練生の父親の寄贈で植えられた木が平成になって弱ってきたため、出身者の寄金で平成5年と7年に計70本を補植したそうです。 おそらく、その後の義勇軍の歴史では大半の義勇軍の若者が、その後、この桜並木を見ることがなかったことを思うと感慨深い桜の名所です。

場所名渡満道路と桜並木

所在地 茨城県水戸市内原町

関連施設内原郷土史義勇軍資料館

施設所在地茨城県水戸市内原町1497-16

TEL029-257-5505


渡満道路と桜並木の桜開花景観

渡満道路の桜並木の桜開花景観写真とVRツアーリンク

渡満道路と桜並木は、コの字型になっており中央付近の桜並木の開花の様子です。


渡満道路と桜並木の地図


水戸市以外の茨城県の桜・花見の名所、その他花関連については、別ページでご案内しております。