メニュー

2022年の茨城県の彼岸花名所・おすすめスポット開花情報のお知らせ

rss

2022年09月21日(水) 観光・秋

茨城県の彼岸花名所・おすすめスポット開花情報

2022年9月17日茨城県潮来市の彼岸花開花の様子

茨城県には、大子町の茶の里公園、常陸太田市の源氏川、常総市の弘経寺、筑西市の千妙寺等の名所、おすすめスポットが多数あります。茨城VRツアーにおいて、現在までに取材を行った茨城県内の彼岸花の場所は7か所で、9月21日以降の取材予定場所が8か所あります。計15か所の場所は、茨城彼岸花案内ページでご覧いただけます。

なお、彼岸花は、葉や枝はなく、地下の鱗茎に蓄えた栄養分を使って花茎を伸ばし、地上から顔を出してから1週間ほどで花を咲かせます。花が咲いてから数日で萎れて終わってしまいます。おそらく、9月25日(日曜日)頃までと思われます。

ところで、以下の3件の場所は、それぞれに比較的近くにあり、彼岸花の他にコスモス畑や絶滅危惧種等の希少な水生直物の開花を同時に見ることが可能で特におすすめの場所です。

(1)潮来市:潮来の彼岸花群生地
9月17日の時点で彼岸花は咲き始めています。この堤防のすぐ脇は、潮来のコスモス畑で9月17日時点で7~8分咲きで茨城最大級のコスモス畑を同時に見ることが可能です。
(2)潮来市:水郷トンボ公園の彼岸花
9月20日に公園管理者から、台風も問題なく彼岸花が見頃の連絡を受けました。トンボ公園では、現在、希少植物としてトチカガミ、ミズアオイ、オニバスの花を見ることができます。
(3)神栖市:九人坊の彼岸花
九人坊は、神栖市の伝説の場所で、神栖市賀の外波逆浦の堤防沿いにあります。九人坊は、堤防の脇に常緑樹の繁った小高い丘になっており、中央付近に石仏があります。小高い丘の部分に彼岸花が自生しています。この地点から、100m程南に向かった堤防沿いの水路で霞ヶ浦では絶滅したといわれるアサザの花を見ることができます。水路の4か所で黄色いきれいな花を咲かせており、今が見頃です。なお、アサザは晴れの日に咲きます。